神楽のお部屋。

タロット占い師「神楽ひかる」のブログでし!
本や食い物や占いまみれなブログです?!
<< 噂のひばりが丘の二郎に行ってきたぉ! | main | 鳴見なるさんのラーメン大好き小泉さんの4巻の感想です?! >>
決まってません!前原商店であってますか?!
0
    二郎の後、
    ブックオフで掘り出し物みつけて、
    座高のJKに癒されて笑、
    自転車こいで朝霞台まで帰還。
    暑い。
    ラーメン好き「かねにゃん」がおすすめのお店は、
    二郎に向かう前に探していた!
    で、
    お腹の調子は満腹からやや空いてて1杯ならいけるかな?
    と、
    いう感じ。
    サミットで飲み物GETして行ってきました「決まってません」に!
    つか、
    「前原商店」でいいんですよね?
    ちょっと、
    前まで店名がなかったらしいんでんすが、
    誰かさんが領収書をいただいたときに「前原商店」ってあったらしく、
    「前原商店」さんになってるようです。
    基本は、
    「きまってません」さんです笑

    14時に行くとしまってることがあるそうなんで、
    13時30分に行って、
    入れたらラッキー入れなかったら止める感じでお店に行くと、
    僕で最後だったみたいです。
    11時30分開店で13時30分で閉店って大丈夫なのかしら?!
    たったの、
    2時間の営業ですよ。。。
    1杯650円ですから1時間で10人入っても2時間で20人。
    650x20=13000円ですか!
    大丈夫かしら。。。

    僕の後にも3組ほど来てました(暖簾片づけてあるのによく入ってくるなぁー)が、
    1組目はお時間がかかるのでよろしければ、
    と、
    案内してたけど帰っていきました。
    後2組は断ってましたね。
    いちおう、
    暖簾が閉まってて声をかければ入れる可能性があるってことですね。
    で、
    ツイッターでも書いてたけど、
    確かに待ちます。
    僕は最初に言ってくだされば待ちますけど、
    1時間超えるとわねぇ。。。
    さすがにびっくりだ!


    ↑らーめんです。
    ちなみに、
    大盛は+50円で、
    無料のライスもつけることができますが、
    二郎の後なんでご飯は遠慮。

    らーめんというけど、
    基本的にこれは「まぜそば」かな?
    スープが極端に少ないです。
    油そばより多くラーメンよりもスープは少なめ。
    (隣の人の食べた後のどんぶりを見るとそんな感じでした)
    で、
    濃いです。
    醤油のしょっぱさが目立つ辛さでむせます笑
    具のチャーシューですかね?
    肉の量が半端ないし、
    もやしとねぎも多い。
    なかなか麺にたどり着けません。
    ある意味で二郎みたい?!


    ↑麺がスープに染まってます!
    麺をスープに浸し、
    黒くなるのを待ってるから1時間も待つのかな?
    嫌味とかではなく、
    本当に、
    なんで1杯作るのにそんなに時間がかかるんでしょう?
    たまに、
    遅いって怒られるって店主が言ってましたもんね。
    ひょっとしたら、
    1時間に10杯もさばけないかもしれませんね。

    無料ライスに、
    チャーシューを乗っけてどんぶりを作るとよろし!
    きっと、
    小泉さんもやるはず笑
    次はうちもやるはず笑
    ちなみに、
    たまごは半熟なんで、
    丼にしても、
    そのままいただいてもいいかもの好み次第です!

    もう1回は行くかな?
    お腹空かせて。
    しょっぱいの大丈夫な人は行くといい。
    でも、
    らーめんではないよ、きっとまぜそばだよ!
    そして、
    1時間は待つ覚悟が必要ですよ!
    (マジで冗談ではなく)


    読んでくださいましてありがとうございます!



    style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
    data-ad-client="ca-pub-6740692475506135"
    data-ad-slot="2683776200">













    にほんブログ村
    JUGEMテーマ:ラーメン


    | かぐりん | ラーメンDEATH | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |










    一番上へ